中性脂肪を下げるためには乱れた食生活を改善しよう

ウーマン

野生植物を手軽に摂取

ボディ

野生植物を中心として、濃縮した発酵エキスが自慢のお嬢様酵素が人気です。また、飲み始めてからお肌がしっとりして、便秘が解消したりダイエットに成功したという方が多くいるので、試してみるといいでしょう。

もっと読む

健康のための食生活

果物と飲み物

新鮮な生の食材の不足は様々な生活習慣病を引き起こし、重大疾患のきっかけになってしまうことがあります。そうならないためにも、人が生きる上で欠かせない酵素がたくさん入った食品を有効に摂取するといいでしょう。

もっと読む

便秘解消でダイエット

レディ

女性の体質は、体内に不要分を蓄積しやすい傾向にあります。そのため、老廃物を円滑に排出するダイエットの手段として、便秘薬は人気があるので、チャレンジしてみるといいでしょう。

もっと読む

食生活の乱れを正す

お腹とメジャー

日々の食生活を見直す

野菜や魚をあまり食べない、毎日ご飯やパンなどの炭水化物を食べ過ぎる、つい満腹するまで食べてしまう、肉や揚げ物を沢山食べる、甘いものやお酒がやめられない、このような食生活に心当たりはありませんか。中性脂肪値が高い人は食生活が乱れている傾向があります。このままの食生活を続けていると動脈硬化や肥満、高血圧を引き起こすリスクがあります。食事の改善をせずに中性脂肪を下げることはできません。食事療法といえば辛い食事制限を思い浮かべるかもしれませんが、大切なことは毎日の食事を見直し、各栄養を適量とることです。ポイントさえ押さえれば何も難しいことはありません。色々な調理方法と食材を取り入れた食事療法で、無理なく中性脂肪を下げる努力をしましょう。

1日の摂取カロリーを守る

1日の適正摂取カロリーを守り食べ過ぎに注意しましょう。ゆっくりと良く噛んで食べれば、食べ過ぎを防ぎ中性脂肪値を下げることになります。その上で大切なことは栄養のバランスです。主食、主菜、副菜の定食スタイルは、バランス良く栄養を摂ることができます。また1日3食きちんと食べることも基本です。夕食で朝食や昼食で足りなかった栄養素を補給しましょう。三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)は、人の身体を作る上で要になるもので、それぞれ適正配分を守って食べることが大切です。肉などの脂質を摂り過ぎないことは勿論ですが、中性脂肪値が高い人が気をつけたいのは炭水化物の摂り過ぎです。ご飯や麺類、パンなどの食べ過ぎは禁物です。食物繊維やビタミン、ミネラルは中性脂肪値を下げるのに欠かせません。大豆製品や野菜や魚、海藻、きのこなどを積極的に食べましょう。